自己紹介 ICA矢口です 

b0366129_1704865.png

こんにちはICA建築設計事務所の代表 矢口博幸です 自己紹介はぼくが最後です。よろしくお願いします
※写真は10年前のもので、現在はもっと老けてます。。。。。すいません

2000年に設計事務所を立ち上げて17年目になります 設立当初5年間は下請けの仕事がメインでなかなかデザインを提案できる仕事ができませんでしたが、少しづつ、良い機会が増え、現在は住宅の新築、リフォーム半分、その他の仕事半分という感じで設計・監理をしています。 きときとの他のメンバーも同じですが、住宅・家といっても、通常のメーカーさんの住宅よりは、少し(だいぶ?)デザイン・性能にこだわった家を手掛けていると思います。 そういう意味でも、半分、住宅以外の仕事をしていると、住宅に応用することができるのバランスがいいのではと思います。 

僕(ICA)のホームページより僕たちの事務所のポリシーを抜粋させていただきます
美しい街や住宅をつくりたい。と私たちICAは考えています。ひとりひとりが個性をもち、ライフスタイルを持ち、自分の時間や家族の時間を大切にする人が多くなってきた今が本当の意味で美しい住環境をつくることが可能であると考えています。 私たちは住み手となる人々の話しを聞き、その人のライフスタイル、趣味、個性を理解することから始めます。 そして、その言葉の中から、本当に大切なことを考え、その可能性をさぐり、空間としてクライアント(お客様)がイメージしていた以上の素晴らしい空間を提案したいと考えています。 以前お客様からとてもすばらしい要望がありました。 「どの方向から見ても、美しい住宅をデザインしてほしい 自分たちだけが満足するのではなく、他の方が見ても美しいと思い、幸せな気持ちになるような家がほしい」 このお客様は、単に自分たちが満足する家ではなく、家をつくる行為が、街なみや風景や環境にとって重要であると示唆した言葉です。 ICAは個性的ではあるけれど、風景や町並みと調和した住宅、建築をつくりたいと考えています

また、今回は僕はリフォームのセミナーを担当することになりました。 下記の写真はICAのリフォーム事例です。 今回はこの住宅リフォームを中心に解説してリフォームのことを勉強していただけたらと思います
b0366129_11225695.jpg
 
[PR]
by ki-kitokito | 2016-05-31 10:50 | 自己紹介(メンバープロフィール)