たてぐるみの家

南北に細長い敷地に合わせた長く大きな屋根で、住まいと小さなパン屋さんをくるんだ併用住宅です。
断熱等級4も取得しています。

b0366129_17512012.jpg


南北方向の視線の抜け(広がり)と風の通りを確保するため、建物の中央部分は、開閉できる建具や家具で間仕切ることができるようにし、必要に応じて広くも狭くもできるつくりになっています。それから、両端の壁のくぼみにベランダや階段、収納、机などを納めることで、中央部分を、南北に細長いワンルームとして使うこともできます。

b0366129_1758498.jpg


地震に強い家をつくるためには、1階と2階の柱や壁の位置がそろっていることが重要です。2階の壁や柱の下にどのくらい1階の柱や壁があるかを示す「直下率」という言葉があります。この住まいでは、間取りと構造との関係を工夫することで、直下率100%を達成しています。

b0366129_186182.jpg

[PR]
by ki-kitokito | 2016-10-11 18:07 | 作品集(藤田 +livehsuse)